オンラインFAXの受信・送信のコストを徹底比較!

スマートフォン・携帯でのオンライン接続だけでなく、wimax、lteなどの高速モバイルルーター、セブンイレブンなどのコンビニでもフリーのwifiスポットもありますので、さまざまな方法でオンラインFAXはファックス送信・受信が可能です。

大手オンラインFAX
サービス名
eFAX BizFAX
ストレージ&リモート
KDDI
ペーパーレス
Toones
ビジネスプラン
運営元 j2 Global Japan NTT Com KDDI Karigo
選べる番号 主要54都市の
市外局番に対応
050のみ 050のみ 主要7都市の
市外局番に対応
番号継続(NP)可
一斉送信 最大50件 最大1件 最大10件 最大1,000件
スマートフォン
対応
iPhone、iPad
Androido
未対応 Androidのみ 未対応
利用開始日 当日 当日 5営業日程度 最短1日
支払い方法 口座振替
クレジットカード
口座振替
コンビニ
口座振替
クレジットカード
口座振替
初期費用 [円] 無料 1,050 1,050 1,050
基本料金
[円/月] ※税込
1,045 1,050 997.5 980
受信
[円/枚]
無料
但し、
151枚から
10円/枚
無料 無料 無料
送信
[円/枚]
※国内のみ
無料
※ 但し、
151枚から
10円/枚
2.1 15.75 13
月100枚
[円]
送信した場合
1,045 1,260 2,572.5 2,280
月200枚
[円]
送信した場合
1,560 1,470 4,147.5 3,580
WEB限定
キャンペーン
30日間無料 初期費用無料
詳しいeFAXの特徴 詳しいBizFAXの特徴 詳しいKDDIペーパーレスの特徴 詳しいToonesの特徴

停電にも強いオンラインFAX

聴覚障害者や耳が遠くなった高齢者にとって困ることはたくさんありますがひとつとして緊急の情報がすぐ入ってこないことです。 震災の避難勧告が町に流れても耳が聞こえない、聞こえにくい人には伝わりません。

緊急避難勧告が聞こえないことで逃げ遅れたら悔やむに悔やまれません。緊急情報は誰にでもすぐ伝わるよう国や市がどういう方法をとればいいのか模索しています。 そんな中でオンラインFAXというのが考えられています。

聴覚障害者や高齢者にとってファックスで連絡を取り合うというのはよくありますが、停電になると全く使えなくなってしまいます。 停電が起きると何も見えない、聞こえないというのは恐怖そのものです。 オンラインFAXはインターネット回線を使っているので比較的停電、災害に強く緊急情報をすぐ送ることができます。

また家にいなくてもパソコン、携帯電話に送れるので外出先でもすぐに確認することができます。 災害は家にいるとき起きるとは限らないので携帯できるファックスというのはとても便利なのです。 災害後もインターネット回線でのオンライン接続は安否確認、居場所確認などにも役立ちます。

今持っている携帯電話やパソコンで手続きも簡単にできてすぐにファックスとして使えるようになります。 従来のファックスにも送受信できるので相手が従来のファックスでも今まで通り使うことができます。 用紙やインクの準備も必要ありませんし電子管理されるのでかさばらずに見たいデーターもオンライン接続すればすぐに見られます。 維持費、通信費も安いので連絡手段としてたくさん使う聴覚障害者や耳が聞こえにくくなった高齢者にとってはありがたいことです。 オンラインFAXを使って快適に有意義に生活しましょう。

大手オンラインFAXサービス会社