従来の複合機よりもインターネットFAX

聴覚障害を持つ方で自分の意見を伝える手段としてファックスを使用する人というは多いのではないでしょうか。 ファックスは文書を相手先に送る手段として使われることが多いです。

しかし、コミュニケーションをとる手段として使用することにも適しています。 耳に障害があると一般の方のように声による会話を楽しむことが困難なものとなります。 これは自分の声が相手側に届いても相手側の声が自分の耳に入らないからであります。 聴覚による会話は不可能かもしれませんが、視覚による会話を楽しむことは可能です。 ファックスの相手先に文章を送信するという性質をいかし自分の意思を正確に伝えることができますし、相手側の考えていることも文章によって把握することができます。

ところが、従来の複合機だと文書を送受信するのに時間がかかったり、何らかの故障で用紙が届かなくなるということがありました。 その上ファックス機器が壊れてしまうと聴覚が上手く機能しないため修理の依頼をすることも難しくなってしまいます。 最近は従来の複合機よりもインターネットFAXを使用している人が増えてきているようです。

最大の特徴として挙げられるのがオンライン回線を通してサービスを提供しているという点です。 従来の複合機で使用していた電話回線は混雑することが多く故障を招く要因の一つとなっていました。 インターネットFAXでは性能の高いオンライン回線を使用しているため混雑や故障を招くことはあまりありません。 また、これによって修理の依頼をする機会もほとんどなくなります。

実際に聴覚障害者からの評判は概ね高いようなので、従来の複合機を使用している人はシフトすることをおすすめします。

関連記事