耳が不自由でも使いやすいインターネットファックス

聴覚障害者が話をするときは、手話を使ったり言いたいことを紙に書くという手段を使います。 でも手話がわかる人も少ないですし、言いたいことを全部紙に書くというのもとても大変です。 そこでインターネットファックスというのが聴覚障害者の間でとても便利だと話題です。

インターネットファックスはインターネット回線を利用しているというのが、従来の電話回線を利用しているファックスとの大きな違いです。 インターネット回線を利用することでメールが使えるパソコン、携帯電話、スマートホンで使えるので外出先でも簡単にファックスを見たり送れたりするのです。 ファックス機の前にいなくてもいつでもどこでも自由に会話ができるのです。 聴覚障害者にとってファックスはとても大事なものです。ある市では聴覚障害者にミニファックスを貸し出すということもしています。

そのファックスがさらに使いやすいものになったら聴覚障害者の視野もグンと広がります。 手続きもネットで簡単にできて即日使えるようになります。

今までは店に行ってファックス機を購入しなければいけなかったところが家にいながらできるというのは聴覚障害者にとってはとても便利です。 店には聴覚障害者に対応できる人もいませんしファックスを使えるようになるまでが一苦労だったのです。 今までより通信費も維持費も安くなります。インク切れ、紙切れを確認する必要もなくなりますし、送受信したものをデーター保存できるのでかさばることもありません。 インターネットファックスを使って色々な人と自由に会話しましょう。

関連記事