クレジットローン、FAXでの戦慄トラブル!

今ではクレジットカードを持っている方も多く、 カードを使ってローンも簡単に組めるようになりました。

私は販売業に従事しており、中には高額品もあるため、 クレジットローンを組んで販売することもしばしばあります。 そこで用紙に記入してもらい、それを業者へFAX。 業者から電話が来て本人確認等を行いながら審査を進めて。 OKならばようやくクレジットが組めお会計が進む。

結構時間がかかることはもとより。 ご高齢のお客様ならば審査の段階ではじかれることもあります。 折角購入の意思のあるお客様ですのに、支払い能力もある方ですのに、 年齢の為に通らないというのは非常に悔しいのですが、実際にそういうことがあるのです。

ですからクレジットカードを使ってのローンは、非常にありがたい存在です。 審査が通らないなら通らないですぐに分かりますし(限度額の問題くらいでしょうか)、 なによりスピーディーです。 お客様もサインひとつ、暗証番号入力くらいの手間で済んでしまいます。

用紙に「住所」、「氏名」、「年齢」、「電話番号」などの個人情報だけでなく、 「年収」や「口座番号」まで記入していただくというのは、 デリケートな個人情報が詰まった用紙だけに、何度行っても扱う際には緊張します。

このトラブルは私ではなく、お店で起きたもので、あらためて「FAXは怖いなぁ」と思った出来事です。

クレジットローンを組む際に、デリケートな個人情報を業者へFAXします。 その、FAX番号を誤って違う番号で送信してしまったのです!

その番号がFAXではなく、普通の電話ならば良かったのですが、 FAXがつながる番号でした。 当人は送った気になって、業者からの折り返しの電話を待っています。 しかし、一向に連絡はなく、お客様と「遅いですね」と悠長な会話。 仕事がひと段落して私も気になり、フォローしようと業者へ電話したところ、「届いてません」とのこと。 背筋が凍る思いでした。

すぐに送信履歴で相手先を確認。幸い小売店で、そちらと連絡がつながり、間違いなくシュレッダーにかけていただいたとのことで、事なきを得たのですが。 もしも、変なことを考えるような方でしたら…… 個人情報の流出ですし、お客様からの信頼も無くしてしまう。 この度の売り上げもパーに……。

そんな恐ろしい経験でした。

 

⇒ トラブル解消にオンラインfaxが役立ちます!

関連記事