まさかの迷惑・・・誤送信

以前勤めていた会社での話です。 その会社のFAX番号は電話番号とまったく違っていて 取引先から大変覚えにくいというクレームをよくもらっていました。 数年前に思い切ってFAX番号を電話番号と似たものに変更しました。 確かに覚えやすくなり取引先様からも良くなったと言われるようになりました。

そんなある日、ある一般のご家庭から電話がありました。 我社宛てのFAXがしょっちゅうそのお宅に入って困るという 内容のクレームでした。電話に出た社員が丁寧にお断りをして 取引先様へ再度新しいFAX番号を連絡して今後そのような ご迷惑をおかけすることはないように対処しますとお詫びをし、 その方も納得していただけました。確かにFAX用紙もその方の負担になるわけで申し訳ないことをしたと同僚とも話をしていました。

そんな出来事も忘れかけていた数年後、また同じ一般家庭の方から 電話がかかってきました。お聞きするとやはり未だにまだそのお宅へ 我社宛てのFAXがよく流れてくるというものでした。

取引先様へはきちんと新しいFAX番号をご連絡したはずだったのに と不思議に思いました。しかしながらよくよく考えてみると連絡をした 取引先様以外で例えば古い会社案内をお渡ししたことのある企業様も確かに いらっしゃるわけで・・・そこまで正確には把握しきれていませんでした。

その方も2度目ということもあって怒り心頭で社長の家へも電話をされたとのことでした。確かにお怒りはごもっともでした。NTTさんもFAX番号を使い回しにするのだと驚きました。その後、社長からもお叱りを受けた私達は菓子折りを持ってそのお宅へお詫びに伺いました。その時にはお怒りもおさまっていらっしゃるようでホッとしたのを覚えています。

会社宛てのFAX枚数は一般家庭の数十倍にはなっていたと思います。 今更ながら申し訳なかったと思います。その後その会社は退職したので そのようなトラブルが発生しているかどうかは定かではありません。

個人の携帯番号を変えるのとは訳が違って会社の場合、後々の影響力が大きいので安易にFAX番号を変えるのは良くないと思います。

 

⇒ トラブル解消にオンラインfaxが役立ちます!

関連記事