紙送りが遅く受け手が2倍になって届く?

うちのファックスはもう20年ぐらい使っているので、いまひとつ不安を感じながら使っています。去年、法律事務所に資料を送る際に、なかなか紙送りがなされないので、不安になってしまい、紙を引っ張ってしまったら、最後の部分がちゃんと印刷されず、送りきれなかったようです。電話でそのことを確かめて、もう一度送り直しました。今度は手を触れずに待っていたところ、どうにか最後まで送れたようで良かったです。まだどうにか使えているというのは奇跡に近いような気がします。

以前、ある小さな翻訳会社でパートをしていたのですが、そこのファックスも古くて、ちょっと壊れたものを使っていました。やはり、紙送りがちゃんとなされずに、時々紙が詰まったりするのです。そのたびに、紙をもう一度取り出して、また送り直したりしていました。紙詰まりが起きるというのは困ったことなのですが、経費の問題があって、まだ新しいファックスに取り替えることはできないということだったので、仕方なくそのファックスをだましだまし使っていました。

仕事に使っていたわけですから、ちゃんと機能してくれないと本当に困るわけです。受信のほうでも、同じ紙が2枚出てきてしまったり、ちゃんと印刷されていなくて、先方に電話をかけて頭を下げてもう一度送ってもらったりしていました。送信の時にも、受信の時にも、ファックスの機械がガタガタと音をたてて揺れていて、いかにもガタがきている感じで、見ていて本当に不安でした。ちゃんとデータのやり取りができるとほっとひと安心です。

こちらからファックスを送ったときに、こちらの会社名が間違っていると先方の会社から連絡があり、それもどうもファックスの機械がおかしかったためのトラブルだったのですが、どうしたら直せるのか分からなくて、いろいろ調べたり、人に聞いたりしました。結局、機械に強い人に来てもらって、その人に直してもらうことになったのですが、あの時はほんとに真っ青になっていました。ネットなどで直し方を調べたりしたのですが、どうもよく分からなくて、結局プロに頼まないとダメだったということです。ファックスはこのごろはあまり使わなくなってきたので助かりますが、何かとトラブルがあるので、ちょっと苦手です。

 

⇒ トラブル解消にオンラインfaxが役立ちます!

関連記事