受信する事がなかなかできない家のfaxに困る

faxの送受信のトラブルでは、中に入っている感熱紙の残りが少なくなっている事です。それを知らずに資料を送ってほしいと伝えてしまって、「送信できない」と言われてしまった事があります。

又、急な用事があってfaxで送信してもらいたい時に限って、紙が切れてしまっている事もあります。faxの感熱紙は、近くのスーパー等に売っていない事もあり、いつもネットのショップから買っています。急いでも明後日に届くので、もう間に合いません。相手に「すみません」と謝りました。そういった事があると、相手からの信用というものも無くなる事があります。

アンケート等に答えるサイトに登録していて、faxでアンケートの質問が書かれている資料を送るからと言ったのに、やはり途中で紙が切れてしまった時には、次のアンケートが届かない事がありました。

faxの送信をする時にも、送りたい面を間違って反対にしてしまい、気がつかずに送ってしまう事もあります。後からになって、向こうから電話で言われて気がつくのです。また送り直す事にもなりますが、その送った紙を破り捨ててしまった時には、唖然としてしまいます。もう送るに送れないのです。また、送る相手に謝る事になります。

何度かfaxを買い換えています。 受信する時に、印字された文字が薄くなってしまうからです。何年も使っていると、だんだん印字する文字がカスカスになってしまい、何が書いてあるか分からなくなります。そういった時に限って、資料が送られてくる事があり、失敗するのです。

新しいfaxで、操作の仕方が全然分からないという事がありました。送信の仕方がやたら面倒で、なかなか送れないのです。結局は電話で伝える事になり、電話代がかかってしまいました。

電話とfaxのナンバーが同じで、相手から度々「送れない」と言う事がありました。電話だと思って途中で受話器を取ってしまうと、受信する事ができません。

でも、受話器も取っていないのに、電話機から「ピー、ピー」という小さな音ばかりして、受信できない事も何度もあります。

 

⇒ トラブル解消にオンラインfaxが役立ちます!

関連記事