FAXって難しい…

私の会社には、良く間違いFAXが入ってきます。それも、決まって同じ所宛のものです。それは、隣の市の職業安定所宛。調べて見た所、隣の市の職業安定所のFAX番号と私の会社のFAX番号は市外局番も後半の番号もまったく同じで、真ん中の番号が1番違い、というとても紛らわしいものでした。間違えるのも無理はありません。

ということで、1週間に1度くらいの割合で採用決定通知や不採用の通知が私の会社へ入ってきます。それをまた、職業安定所に再度FAXで送るのですけれど、届いたFAXってどうしても中身を見てしまいますよね。「あー、ここの会社、人を募集してたんだ」「あ、採用決まってる。おめでとう」などとついついチェックしてしまいます。もちろん個人名は書かれてないのですが、職業安定所の裏事情を覗き見ているような感覚を覚えることもあり、ちょっとドキドキしてしまいます。

また、お得意先で年配の方がいらっしゃるのですが、この方のFAXもなかなか大変です。「FAXを送るから」という電話連絡が来てからかなりお待ちして、ようやく届いたものの紙は真っ白…。なんていうことも良くあります。一般の方だとFAXを送る機会なんてそうそうあるものでもないせいでしょう。裏表を逆にされてるのです。

そこで連絡を取って再度送ってもらうのですが、これがまた大変。「さっき、どっちを表にしてたっけ?」などと聞かれたり、「じゃあ、もう一回送るから」と電話で話しながらFAX番号をプッシュされ、「ちょっと待ってください。まず、受話器を置いてですね…!」と大あわてで説明しなくてはなりません。直接、私が紙をもらいに行った方が早い気もするくらいです。

こちらから回答のFAXを送ろうとしても、FAX付き電話なので、FAXの向こうからお相手の「もしもし?」が聞こえ、そのままプツッと電話を切られてしまうこともしばし…。受け方はもちろんですが、FAXの受け方ってどこかで指導してもらえたりしないのでしょうか。

それでも、無事FAXが届き、「見たよ、ありがとう」の声を聞くと嬉しくなって、「またお願いします」と言ってしまうものです。そんなこんなで明日もFAXとの格闘は続きます。

 

⇒ トラブル解消にオンラインfaxが役立ちます!

関連記事