間違いfax

先日、間違いfaxと思われる電話が職場にかかってきました。

電話が鳴ったので、受話器を取ると、キーンと独特の音が鳴り続けてました。 すぐに切って、fax番号を間違えて送信したんだね~、と職場の人達と話していたのですが、しばらくしてまた電話が鳴り、出てみると、また音が鳴り続けてました。

これは、リダイアルになってるね~、あと何回かはかかってくるね~、と最初のうちは談笑していられたのですが、回数をおうごとにだんだん皆がイライラしてきました。 職場の電話は、内線の時は番号が表示されるのですが、外線の時は番号が表示されず、外線でかかってきていることしか分りません。

なので、相手に間違っていることを伝えることもできず・・。 他にも電話がかかってくるので、電話を無視することもできず・・。 この日は午前中いっぱい、この間違いfaxと思われる電話が鳴っていました。 まったく迷惑な話です。

こんなことがあるので、私がfax送信する時には、送信完了の結果を確認するまでは、faxの前でじっと待ってます。 なかなか完了しない時は、番号を間違えたかと不安になって、何回も番号見直しながらfaxの前でいます。

間違いをしてくる人は、fax送信ボタンを押して、紙づまりなく紙が出てきたら完了と思っているんでしょうね。 本当に送りたい相手には届いていないので、仕事完了していないことになるけど大丈夫なんでしょうか。 とは言っても他人の仕事を心配する筋合いはなく、こちらの仕事に支障をきたしているので、早く気付いてよ~という気持ちでいっぱいです。 何回も意味のない電話が鳴ると、作業の手は止まるし、イライラしてくるし、それが周りにも伝わっていくので、雰囲気は悪くなるし、本当に迷惑なだけです。 faxを送るときは、ちゃんと送信完了を確認すること、という教訓になっただけです。

faxの機械の方でも、送信失敗した時には、リダイアルせずに送信作業を完了するという設定が初期設定になるようにしておけば、トラブル回避になるので、イメージアップのメリットになると思います。

 

⇒ トラブル解消にオンラインfaxが役立ちます!

関連記事